大阪府豊能郡能勢町(大阪府の一番北)にある森林フィールド、フロントラインでサバゲーを楽しんできました。

ちょうど紅葉の時期で、しかも雲ひとつないお天気。

綺麗に色づく山の紅葉の景色を見ながら広々としたフィールドでサバゲーを楽しむことができ、めちゃくちゃリフレッシュできました♪

フロントライン能勢 サバゲーフィールド 紹介

 

大阪府豊能郡能勢町にあるフロントラインは、もともとはキャンプ場だったところがサバゲーフィールドとして利用されています。

テントサイトっぽい場所があったり、キャンプファイヤー場みたいな場所があったり、フィールドの所々でキャンプ場の跡が残っていました。

高低差もあって縦にも横にもフィールドが広いので、60人の満員になっていても良い感じに楽しめます。

両チームが中央でまとまって戦っている時に裏どりも成功させることができたり、色々な戦術やルートを使って遊べるので、フロントライン楽しいしなかなかお気に入りのフィールド。

フロントライン能勢 フィールド

こうやってフィールドをみると、見晴らしの良い”キャンプサイト”という感じもするけどスナイパーも大活躍。

敵までまだまだ距離があるしと、油断してフラッと障害物から出ていくと…
どこからか撃ち抜かれたり。笑

ギリースーツ着て潜まれたら、ほんとわからない。

フィールドに置かれている車(ジープ)も、良い味だしてましたよー♪

フロントライン能勢 レギュレーション

以下、フロントライン能勢のレギュレーションを簡単に。

  • BB弾はオレンジ色など目立つ色でないバイオ弾のみ(重さ0.2g 〜 0.28g)
  • 弾速(定例会)は0.25g弾を使用し、初速88m/s未満
  • メッシュタイプのゴーグルも使用可能
  • ゲームによって、セミオートとフルオートの使い分けあり

レギュレーション(フィールドルール)は変更になっている可能性もあるので、詳細はフロントライン能勢のホームページで確認を。
→ http://www.eonet.ne.jp/~frontline/

フロントライン能勢 設備

これは、フロントライン能勢のセーフティー。

テーブルも広いものを設置してくれている&テーブル数も多くて広々と利用させてもらえます。

設備としては、飲料を販売している自動販売機に電子レンジ。

お湯が使えるポットもあり。

すぐ近く(車で5分ぐらいの距離)にはファミリーマートやスーパーもあるので、お昼ご飯にも困らないのが良い!

屋外フィールドなので仕方ないのですが、トイレは開放感溢れるぼっとんタイプの仮設トイレです。

男性用と女性用があるので、女性も抵抗が少なく使えるかと。

フロントライン能勢 駐車場

フロントライン能勢の駐車場は、セーフティーから少し離れた場所にあります。

ただ、セーフティーの横で荷物を降ろさせてくれるので、かなり助かります。

駐車場の広さもあるので、駐車場もゆったり利用させてもらえるのも良い♪

フロントライン能勢 サバゲーフィールド 紹介 まとめ

 

スタッフさんも気さくな感じで、案内も細かく行ってくれるので、1日楽しく遊ぶことができたフロントライン能勢。

大自然を感じながら、広々としたフィールドでサバゲーをしたいなら、おすすめです♪

でも、フィールドが広いから、
心底、無線で仲間と連携がとりたいと思ったなー。

サバゲーマーがよく使ってるアイコムのこの無線、ほんと買おうか検討しちゃう。
アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300