京都市左京区大原来迎院町にある複合型野外フィールド、キャンプ大原でサバゲーを楽しんできました。

朽ちた車両がたくさん置かれていたりで、退廃感溢れる雰囲気も魅力的だし、フィールドも高低差が3段あってめっちゃ楽しかったです。

キャンプ大原は人気あるのも納得で、また行きたいサバゲーフィールド♪

キャンプ大原 サバゲーフィールド 紹介

 

キャンプ大原はフィールドの使える幅がとにかく広いので、サバゲー初心者から上級者まで誰もが楽しめそうな感じ。

お昼ご飯に、サバゲーフィールドで熱々のカレーを食べさせてもらえるというのも、かなーりありがたいです♪

お味はレトルト感のあるカレーだけど、お米もベチャッとしてたけど、
それでも熱々で美味しい!

鴨ロースのお肉もおいしかったです。

ちなみにお値段、並600円と良心的。

キャンプ大原 フィールド

冒頭でも紹介したように、キャンプ大原は高低差が3段あるので、真ん中の段で交戦しているのを横目に、上の段や下の段から裏を取りに行ったりすることもできます。

中央の櫓も1階2階とあって、ここは常になかなかの激戦になっていました♪

この日は満員でしたが、フォールドが広くつかえるので窮屈に感じませんでした。(4チームに分けて順番)

あと、キャンプ大原にはフィールドを見渡せる観戦エリアがあり、ヒットしたあとにそこからゲームを見ることができるのも良かったです。

キャンプ大原 レギュレーション

以下、キャンプ大原のレギュレーションを簡単に。

  • BB弾はマルイバイオ、SIISボタニカルバイオのみ(重さ0.2g or 0.25g)
  • 弾速(定例会) 0.2g弾使用時は初速96m/s未満、0.25g弾使用時は初速85m/s未満
  • メッシュタイプのゴーグルも使用可能
  • ゲームによって、セミオートとフルオートの使い分けあり

レギュレーション(フィールドルール)は変更になっている可能性もあるので、詳細はキャンプ大原のホームページで確認を。
→ https://camp-ohara.com/

キャンプ大原 設備

これは、キャンプ大原のセーフティー。

テーブルも広いものを設置してくれているので、使いやすいです。

ただ、真夏は暑いだろうなー。笑

設備としては、飲料を販売している自動販売機に、なんとアイスの自販機まで!

アイスがすぐに買えるのは嬉しい。

シューティングレンジはフィールド内にあるので、ゲームが始まる前にフィールド内に入って調整する感じです。

屋外フィールドなので仕方ないのですが、トイレは開放感溢れるぼっとんタイプの仮設トイレです。

男性用と女性用があるので、女性も抵抗が少なく使えるかと。

キャンプ大原 駐車場

キャンプ大原のホームページでは、

車でお越しの際は必ずお宿三千院道駐車場にお集まりください。
と書かれているので、

どういうことだー?
と思っていたんですが、三千院参道口駐車場の端っこに車を駐車して、そこからトラックの荷台に乗って運んでもらうスタイルでした。

朝一からゲリラ感を感じれる♪笑

サバゲー利用の場合、駐車場は無料なのですがフィールドから少し離れているため、車に忘れ物がないようにしましょう。

近くにコンビニもあったけど、車はサバゲー終了まで動かせないのでそこも注意です。

キャンプ大原 サバゲーフィールド 紹介 まとめ

 

スタッフの方も勢いあって、参加している人もワイワイ楽しんでいる感じのキャンプ大原。

紅葉の季節は京都市内がめちゃくちゃ混むのが微妙だけど、フィールドはすごく楽しかったのでまた行きたい♪

ちなみに電子レンジは設置してなかったですが、スタッフの方にお願いすればチンしてもらえるようでした。

カップ麺の汁を捨てるような場所はないので、昼食を持ち込みする場合はご注意を。